Condition Green!

主成分:FF11とFF14。FF14増量中。数日前の話を更新とかよくある話。よろしくどうぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【FFXI】第20回「ジュノへの道」

【2015年05月04日】
◆天晶暦1224年05月03日18:18~04日19:30
スタートから20日目(プレイ時間トータルおよそ9.5時間)

本記事には以下のネタバレとなり得る要素を含んでいます。
・サンドリアミッション関連 会話内容・進行方法について


いよいよ20日目。この企画も全体の2/3まできました。
残り11日、5時間強でどこまで行けるか。

開始から3分経過
いざダボイへ!

アウトポストから南へ走る事3分程。ダボイ前まで来ました。

ダボイは、元々は信心深いエルヴァーン族が住まう小さな村だった場所。
クリスタル戦争終結後、残党のオークが攻め入り占拠。以来、オークの拠点となっています。
最奥には同族の司令官が座し、クォン大陸制覇を虎視眈々と狙っているというウワサ。


31レベルの時点で「絡む楽」は居ないようだったので、フェイス呼ばずに駆け抜けました。
クマ離婚ことQuemaricondの場所は把握している!さっくり終わらせます!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ヴォーダラムとロシュフォーニュ

ダボイに入ると突然イベントが。以前、ランペールの墓で会った2人です。
「剣の在処を求めてココまで来たが無駄足だった。かくなる上は姉上に問う他ない」
会話を要約するとこんな感じ。

現時点では「剣」のことも解らないし、「姉」が誰かも不明。
ロシュフォーニュが口にしたことのある人物といえば、現国王デスティンの妃で故人、ローテ。
ローテ=姉として、故人に問うとはどういうことなのか。
そして新たに出てきたキーワード「成人の儀」。「姉」はそこで「父」から「剣」の全てを教わったという。
2人の父とは?「成人の儀」とは?謎は深まる一方です。

この場では一方的に会話を聴くだけで接点は無し。イベントが終わったので移動開始です。


クマ離婚!クマ離婚じゃないか!

いたいた!クマリコン!そこで待ってろ!話がある!向こうへ行くな!離れるなって!

とてとてて。

エグセニミル「待て!不用意に近づいてはならぬ!」
制止するような位置に立ちはだかります。いやいや、こっちは4人なんだし大丈夫だって。


Orcish Nightraider (RNG) Lv34 - 38




とてとてでした。あぶねぇ!エグセニミルGJ!
クマリコンさんの移動ルートからして、こちらに最接近した時に隙を見て話せということでしょうか。
ハードルを多少上げるために、こういう配置をしていると。面倒な事をしてくれる・・・。


\ちこう!もそっとちこう寄れ!/
ちこう!もそっとちこう!





会話が始まってしまえば安全。

会話が始まってしまえばこっちのもの。会話中にオークの視界入っても(多分)大丈夫。
会話終わりのタイミングで視界に入ってなければ安全に抜けられるはず!

それにしてもこのモノの言いよう。優秀なんだろうか、この人。
報告書を預かって、サンドリアへ戻ります。


開始から14分経過
はいどうぞ。

はい。

はい。





















ジュノ大使きたー!
こんどこそきた!

依頼主の宰相ハルヴァーの元へ急ぎます。

国王と謁見!?

え!国王陛下と謁見!?それも早速今から!?心の準備が・・・











開門ー!

ん?

ひいっ!

\サンドリア国王陛下、御出座~!/
貴重な瞬間




おうさま

ジュノ大使館へむかう!

典型的なイメージにハマった、王様らしい外見。トリオン・ピエージェ・クレーディ3兄妹の実父。
直々の命令に応じ、さっそくジュノに向けて出発します。
























開始から21分経過
や、ちょ、違うでしょ!あー!

こうして書いていて、
「なんでこの時こんな行動を」と思うことが多々あります。今回もそんなことがひとつ。
昨日わざわざジャグナーのSurvival Guide開放したのに、なぜ使わない・・・!
時間もないのにわざわざ手前のGuideを使う愚かさ。ダメなやつです。

ここまですすみました。

今日はここまで進みました。
戦いながら進んだというのもありますが、適切なSGを使用していればバタリアには行けてたかなと。
本当に残念です。主に、私自身の頭の中が。




■反省■
敵のチェックが甘い。あぶなく「初の戦闘不能!」って見出しで書かねばならぬところでした。
昨日も書きましたが、レベルアップのペースが次第に緩やかになっていているので
シナリオの適正レベルとの差が詰まってきているように思います。レベル上げないと。スキルも。
スキルについては、やけに片手剣のミスが目立ちます。楽相手に。数値的には悪くないのに。
やっぱり戦士だからでしょうかね。両手斧持たせるべきだったか?
少しロールプレイしながら遊びたいので、できればナイトになりたいと思ってます。

最期のSG移動先間違えもあまりに考えが足りない。
注意しないと時間がかかるばっかり。反省。

■明日の予定■
30分あれば十分ジュノに到着できると思うので、街を巡ったりレベルを上げたりしたいです。



テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/05/05(火) 21:00:00|
  2. FFXI - 1日30分の冒険
  3. | コメント:0
<<【FFXI】第21回「ジュノ往路に思い出語り」 | ホーム | 【FFXI】第19回「物事の報告は日をまたぐべきじゃない。」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

慈叡

Author:慈叡
Profile

特集記事

2008/01/07 up
トランペットシェル釣り
トランペットシェルを釣る方法

2011/10/13 up
Radeon HD 6970 について
ベンチマーク結果や使用感など

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

おともだち(なんと!五十音順)

トリちゃんの毒舌ブログ(失踪中)
ねこまたがあらわれた!
まったりいこう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索

RSSフィード

NO!RMT!

プラチナリボン運動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。